I邸

モノトーンのインテリアが好きというご要望で始まったキッチンづくり。
木が嫌いなので、ブラック&ホワイトでまとめたいとの徹底ぶり。
モデーロオリジナル下引き排気もキッチンご採用のポイントでした。

ダイニング用のテーブルにフラップテーブルを使用したいとのことで、L型にフラップテーブルを設置。
跳ね上げたテーブルのL型部分に専用のミニテーブルを設置することで広く使うことが可能となりました。
UV塗装鏡面仕上げの真っ白なフラップテーブルが印象的なキッチンです。

ベースカラーとなるブラックは、キッチンと引き戸の扉に使用されました。
その扉の小口部分には、ブラックと相性の良いブルーを選ばれました。
もうひとつの真っ白な部分であるカウンターは人工大理石を使用。
シンクも人工大理石の一体型を採用し、シームレス仕上げとなっています。

引き戸は家電収納になっており、引き戸中央を開けると家電製品を置くカウンターと吊り戸棚が現れ、普段開けたままの使用を前提にデザインされています。
引き戸内部も同じくブラックとブルーの組み合わせに統一。

テレビボードも合わせてご採用いただきました。
白い扉はフラップテーブルと同じUV塗装鏡面仕上げ。
手がかり部分にはキッチンと同じブルーを施しこちらもブラック・ホワイト・ブルーの組み合わせで美しく纏まりました。