テクトスタジオのコンセプト

自分の家を建てる時、誰に頼むのか、選択肢はいろいろあります。
@ 工務店に頼んで設計施工で建てる。
A ハウスメーカーに頼んで、メーカーのカタログを見ながら建てる。
B 設計事務所に頼んで、オーダーメイドの家を建てる。だいたいこの三つの方法に分けられるでしょう。

どこに頼んでも、その組織に所属する建築士が設計を担当します。
建築主は自分の要望をその建築士に伝え、建築士はその要望に忠実にプランを作成し、
外観のデザインをまとめていくでしょう。
設計が完了し、無事に工事が終わって完成した家は、建築主が本当に望んだ家になっているのでしょうか?
建築主の家族が住むのに適した家になっているのでしょうか?
実は必ずしもそうならないことが多いのです。何故だかお分かりになりますか?どこが問題なのでしょうか?

問題は、建築主の要望をそのまま忠実に具体化した建築士にあります。
これらのケースの建築士は、仕事を受注することを最優先にして仕事をしていますから、建築主の要望のとおりに設計し、
プランをまとめて早く仕事を受注しようとします。
建築主に対して、いわゆるイエスマンになっているのです。そこに大きな落とし穴があるのです。

今までの私の経験から申し上げますと、自分の家に対して、要望をスラスラ述べることが出来る建築主はいません。
ただ漠然としたイメージがあるだけです。それが普通だと思います。
もし、要望がはっきりとしていて述べることが出来たとしても、その要望が本当に自分の好みや生活スタイルに合ったものか
どうかは疑わしいのです。実はそうではないのに、そう思い込んでいることも多くあります。
自分のことは自分が一番良く知っているようで、客観的に観るとそうではないことは良くあることです。
そんなあやふやな建築主の要望に対して、何の疑問も持たずに設計を進めることに、大きな落とし穴があるのです。

私たちテクトスタジオは、建築主の要望をじっくりと聞き、家族の構成や日頃の生活スタイルを観察し、
建築主の好みを様々な角度から検討して、建築主の要望が本当に当人の想いを表現しているのかどうかを確かめます。
それが当人の想いからズレてる時や的外れな場合は、建築主が本来持っている潜在的な要望を引っ張り出します。
それは本当に引っ張り出すという言葉がピッタリで、建築主の体の奥深くに潜んでいるものを見つけ出すのです。
そして、「あなたの求める家は、こんな感じでは?」と提案します。家づくりの中で、ここが一番大切なところです。
悶々として悩んでいた建築主の前に、本当の想いが提案された時、建築主は「ああ、そうだったのか」と気がつき、
腑に落ちるのです。

家づくりには、プラン、機能性、デザイン、耐久性、構造など様々な要素を検討することが大事ですが、
建築主の本当の想いを見つけ出すことが一番大切であると、私たちは確信しています。
Designer Information
name
office
京都府京都市下京区若宮通り
松原下る亀屋町48番地 
萬年荘1階
tel
06-6346-3701
e-mail
arakawa@tect-s.co.jp
URL