撮影:MODELLO

カウンターに立つと真正面に雄大な富士山が広がる贅沢な空間にセカンドキッチンは
位置しています。それもそのはず、住まいの重心に設けられた空間のようです。
メインのキッチンとは別に、ゲストを招いた際にカウンターテーブルとしても活躍する
セカンドキッチンは、W3200×D1050と存在感のあるサイズながら2口コンロとW450のシンク等
調理機能はコンパクトに纏められています。レンジフードは、お湯を沸かす程度とのことで
昇降式のフードを使用しています。
全体のデザインは設計のアモルフさんです。カウンター・サイドは人工大理石の一体型にし、
厚み75の小口を斜めにカットする等細かなデティールの打合せを重ねて形にしていきました。
コンパクトなキッチンながら、引き出しの中にふきんを掛けるスペースを設けたり
おしきを収納する浅めの引き出しを設けるなど、機能面もお施主様のご要望が盛り込まれています。
引き出しの底は、表面の扉ウォールナットとは異なるお色目の木目柄を選ばれました。
Designer Information
name
office
京都市中京区烏丸通竹屋町
上ル大倉町215
クリスタープラザM 6F
tel
075-256-9600
e-mail
info@amorphe.jp
URL