デザインに対する私の姿勢 「受け身であり普通でありたい」

色々なものを受け入れることができる器の大きさを、普通であることを恐れない気持ちの強さを持ち得たいという私の想いです。
器の大きさを持ち合わせていないと廻りに目を向ける余裕がなくなり、判断が独善的になりがちになる。
また普通を恐れない気持ちの強さが無いと、デザインを過剰にしモノの寿命を短くしてしまうと思います。

若い時分ブランドやそれが発信する流行を追いかけ、振り回され、身銭を削って得た経験が、こう考えるきっかけになりました。
私にとってデザインとは、他者や過去を尊重することです。
しかし、要望をそのまま形にしたり、伝統的なものを焼き直すだけでは私が考える意味がありません。
今を生きる自分の視点をスパイスとして、人やモノの持つ個性を引き出していきたい、豊かな暮らしを提案したいと考えます。

ユーザーが生活という舞台の主役である為に、私は脇役でありたいと思っています。
Designer Information
name
office
大阪府藤井寺市岡
1-6-11-1306
tel
090-7867-8726
e-mail
io-sono-adachi@nifty.com